外壁塗装をして感じたメリットとは

コスト削減するなら同時作業がおすすめ

外壁塗装 : 外壁塗装は築何年目でするのか?

外壁がくすんで見栄えがかなり悪くなってきたので外壁塗装をすることにしました | コスト削減するなら同時作業がおすすめ | 外壁塗装のメリットは想像以上に大きい

屋根塗装も基本のリフォームの一つですから同時に行ったほうがいいそうですが、今回はまだ屋根に光沢がある状態だったので次回以降にしました。
同じようなタイミングで老朽化しているのであれば、同時に作用をしたほうが足場を組む関係からコスト削減になるとのことです。
外壁塗装にはさまざまなメリットがあるのを実感できましたから、次回からは標準のサイクルで塗り替えをしようと考えています。
時期を遅らせすぎると外壁材の老朽化につながるそうで、傷んでしまうと余計な出費につながるとのことでした。
だからと言って早すぎるサイクルで行うのも塗料のノリが悪くなるそうなので難しいものですね。
あとサイクルに関しては塗料の種類によって大きく異なるそうで、最近は20年くらいの耐用年数を持った塗料も登場しているとのことです。
いずれにしても塗装の大切さを実感できましたので、次回からは早めに行おうと考えています。
塗装スタッフの方の話によれば、外壁の光沢がなくなってきたら作業をしたいタイミングとのことです。
チョーキング現象が発生してくると外壁材の傷みの原因になり、あとからリフォームをするという方法だと老朽化が進行するので費用対効果は悪くなるそうです。